2007年12月11日

CRIC「第2回著作権教育実践事例募集」の受賞実践事例が公表されました。

平成17年4月1日から平成18年10月31日にかけて、社団法人著作権情報センター(CRIC)が全国の小・中・高等学校を対象に募集した「第2回著作権教育実践事例募集」事業の受賞実践事例が、CRICのホームページにおいて公表されました。
最優秀賞1校、優秀賞2校、佳作5校の著作権教育実践事例の詳細が掲載されています。
掲載されている教育実践事例資料は、教育関係者が著作権教育を目的として、非営利で利用する場合に限りは、自由に利用できるようですので、こういった実践事例を参考に、著作権教育に関心をもち、挑戦していただければと思います。
あわせて、私も参加しました、体験型著作権学習イベント「実践!著作権」の様子を記録しました「創って学ぼう著作権」につきましても、全国の中高等学校や主要公立図書館などに配布されております。こちらでも学校で実践できる簡単な事例をいくつか紹介しております。また、巻末には「オマケの著作権」と題して、著作権法の解説も載せております。あわせて、ご参考にいただければと思います。
posted by 著作権教育フォーラム at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/8062780
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック