2007年04月09日

学校の中の著作権講座第1回「音楽発表を録音したCDの配布」

出版物サポート
 4月8日より、少年写真新聞社『学校コンピュータ』で「学校の中の著作権」講座の連載がはじまりました。月一回の配布に併せて、当HPにおいて、誌面に書ききれなかったことを、補足して解説して参ります。
 この連載は、実際に学校現場で起こりそうな事例を質問形式で取り上げ、1.質問への回答、2.権利処理の方法、3.注意すべき点の3つの視点から著作物利用について考えてもらおうというものです。当HPは補則解説ですので、特に注意すべき点について細かな説明をしていきます。

 第1回は「音楽発表を録音したCDの配布」です。
質問は「校内の合唱コンクールの発表を録音して、記念のCDをクラスの全員に配布したいのですが無許諾できますか?」です。
1. 質問への回答 = 許諾が必要です。
2. 権利処理の方法 = 当該楽曲の管理団体へ申請
3. 注意すべき点 = 合唱の様子を撮影したDVDは「ビデオグラムの製作」になる。
           外国曲の場合は直接権利者と交渉の場合もある。

<補則解説>
その1:著作権の存続期間について
 この設問のような利用法では「許諾が必要」ですが、楽曲の著作権が消滅している場合は、許諾の必要はありません。
  著作権は著作者の死後50年で消滅します。しかし音楽の著作物のように、作詞者と作曲者が別の場合、楽曲の著作権はそれぞれの死後50年でそれぞれの著作権が消滅するということになります。例えば、北原白秋作詞、山田耕筰作曲「からたちの花」であれば、北原白秋の死後50年が経過しており、詞の著作権は消滅しています。しかし、山田耕筰の著作権はまだ存続していますから、曲の著作権が存続している事になります。
  さらに、曲の場合は編曲者という人もいます。編曲者の著作権が認められている場合は、編曲の著作権についても注意しなくてはなりません。クラシックのように原曲の著作権が消滅していても、編曲者等の権利が存続中の場合もあります。

その2:専属楽曲〜作詞・作曲・編曲以外でも許諾が必要なもの
楽曲には、専属楽曲といって作詞者・作曲者がレコード会社に専属するという契約を締結している楽曲があります。専属楽曲の場合は、その著作者が創作した楽曲の録音使用については、当該レコード会社に独占的な利用が認められています。そのため、これらの楽曲を利用する場合にはJASRACへの申請の前に、当該レコード会社の許諾(専属開放といいます)を得る必要があります。なお、この場合は別途専属解放料が掛かる場合もあります。
例えば合唱曲の「大地讃頌」は非常によく歌われる曲だと思いますが(私も中学生の頃歌った記憶があります)、この曲はビクターエンタテインメント株式会社の専属楽曲のため、JASRACだけでは許諾することができません。JASRACの楽曲データベースJ-WIDに「専属」というマークがありましたら、まずは専属会社に連絡をしてください。

その3:使用料計算
 ここではJASRACを例にご紹介します。
 1〜49枚複製する場合=400円×楽曲数+消費税
50枚以上複製する場合=8円10銭×複製枚数×楽曲数+消費税
となります。但し1曲とは5分未満を指し、5分以上の曲の場合は、5分ごと1曲と計算します。例えば17分の曲は4曲に相当します。
なお JASRACホームページ「CD・テープ・ICなど録音物の製作」に、申請方法や記載方法など記載や、使用料の概算も計算できます。申請書もダウンロードできますので、参考にして下さい。
 また、記事にも記載しておりますが、学校、個人等の非営利団体が、定価なしで制作する場合は、「非商用」として、使用料の減額措置として、録音物については通常の使用料の半額になる事があります。自分たちの使用がこの「非商用」に当たるかどうかは、JASRACに確認する必要がありますが、この様な減額措置もありますので、一度試してみては如何でしょうか。

その4:JASRACの重要な変更
 今年4月より、JASRACでは許諾証紙が廃止されました
 これまでは、許諾された複製物には、許諾番号、許諾証紙(JASRACシールといわれるもの)の貼付が条件でしたが、4月1日以降に申請許諾分から、この証紙が廃止となります。但し、楽譜のコピーについてはこれまで通り証紙が必要ですので、必ず貼付してください。

 これから紙面と連動して半年間、月1回の補足を行って参ります。

(E)

posted by 著作権教育フォーラム at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校コンピュータ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3695790
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック