2006年10月30日

著作権教育の転換点

 先週は本の発行や対談等がありましたので、そのお知らせをいくつかいたしました。ブログや論文、講演等以外で対外的に意見を述べることはこれが初めてでしたので、貴重な経験が出来ました。
 教育と著作権についてのかかわりは、私が初めて「著作権」にかかわりを持ったときから、大きく変わっているように思います。最初は「おおらかな」時代、つまり著作権などということをことさらに言わなかった時代です。もちろん現在の著作権法第35条が規定されるときの議論等を読み返せば、昭和45年当時から「市販問題集の複製利用」という問題はありました。しかしそのようなことが問題としてありつつも、学校に「著作権」などという言葉が使われるような事態ではなかったのではないでしょうか。
 その後、知的財産の有用性とともに、「著作権」ということが注目され、そして、学校教育現場は「侵害の温床」という目で見られるようになります。最初は、著作権教育といっても「勝手に~してならない」という、禁止事項として教えるものばかりでした。世間的には著作権侵害での逮捕者が出たりと「著作権は恐ろしいもの」というイメージが広がっていったようにも思えます。逆に学校では「教育だから」とか「35条があるから」と、ある意味の甘えや法の拡大解釈をし続けていたように思います。
しかし現在では、著作権の意識というのはだいぶ浸透したのではないかと思います。やり方の是非はともかくですが、権利者団体等の啓蒙活動のおかげだろうと思います。さらに、学校教育においても、「怖いから使わないでおこう」から利用するにはどうすればよいかというスタンスの教育方法も増えてきているようです。
 今、教育と著作権について携わっている中で感じるのは、著作権教育の転換点であるということです。著作権・著作物を避けて通るのではなく、積極的に関わっていこうというカリキュラムについてよく目にするようになりました。また、著作物の利用についても○か×かではなく、○に近い△、×に近い▲と、けして割り切れるものではないことを先生方が許容できるようになっていることも大きな力になっているのではないかと思います。先日、学校現場に於いては、違法か適法かはっきり分からない場面にたびたび遭遇し、その度に不安になるが、しかしどちらとも言えない場合や、権利処理をすればOKになる場合があるということが解る(あるいは、教えてもらう、本に記載されている等)だけで現場の不必要な緊張はかなり軽減されるということをききました。先生方の知識が足りないのではなく、条件によって許諾の有無等が変わってくるという情報をようやく提供され始めた、言換えれば正しい著作権の知識が蓄積し始めたということであると思います。
 これまでの著作権教育が、教師への著作権講座を含めて、使用を禁止するということを前提になされていたために、違法利用は激減したとしても、それはけして適正利用が増えたということではないのです。むしろ、「著作権フリー」の利用に走る事になっています。著作権フリーの「著作物」が良くないということではけしてありませんが、著作権が本来規定するもの、文化の発展に寄与することには、利用されるべき著作物が著作権によって限定されるのは良くないと思うのです。特に学校教育に於いては、先人の知恵に触れ、芸術に触れることで多くのことを「学習」するのですから、知識の教授を法律が阻むことのないようにしなければならないと思うのです。
 どうもそうなりがちな、そのための道具として使われている感が強い「著作権」について、もっと根本から考える必要があるのではないか、それは教育における著作物利用を積極的に行うこと、そのためには学校も社会も「著作物利用」ということが何であるかを改めて考えることが大切なのではないでしょうか。そして、企業や社会ももっと学校教育と著作権について広い視野からとらえ、少しずつ増えてきている体験型や利用を推進する著作権教育のカリキュラムの積極的な支援をすることが必要なのではないでしょうか。そして、教育現場からは、もっと声を上げていくことが必要でしょう。
 この様なことを改めて考えた次第です。

 (E)
posted by 著作権教育フォーラム at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1610973
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック