2006年12月26日

冬休みの宿題と著作権

 学校は冬休みに入りました。一般企業は後もう少しで仕事納めですし、それぞれにあわただしい年の瀬に突入していると思います。
 さて、冬休みには宿題でいろいろな問題集に触れると思います。どうせ宿題をするなら、宿題の問題を著作権という視点から見てみると面白いかもしれません。
 問題集と著作権の関係はそれこそ、現行著作権法改正のときに著作権法第35条について議論されたように「歴史ある」問題です。昨今では、センター試験や入試問題集の作成や新聞への掲載等で話題になっているかと思います。もっともそういう意味で話題となるのはもっぱら「文芸の著作物」、要するに国語とか英語の文章問題が多く、数学や理科というのはあまり問題になっていないと思います。
 それは著作物が「思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう」と定められているからです。つまりどんなに美しい数式であっても、それは思想や感情を創作的に表現したわけではないですから「著作物」となりませんし、遺伝子交雑の結果は思想でも感情でもないからです。そうなると学術の著作物に含まれる著作物は限られてきます。しかしひとたび論文として文字によって表現されたものは著作物の可能性が高くなります。試験問題としては論文も良く利用されますが、国語の問題としてが主となるでしょう。
 学校で使用する副教材や市販問題集、塾の教材などは、著作権法の制限規定に該当するわけではありませんから、当然著作者の許諾を得て掲載し、複製・頒布しなければなりません。一方学校の校内試験や入試などに使用する場合は、著作者の許諾なく使用することが出来ます(著作権法第36条)。これは、許諾を求める過程で何が出題されるか分かってしまうため試験にならなくなるからです。この点を誤認して、許諾を求めたり著作物の利用を控える(著作権消滅作品ばかり利用する)という傾向にならないように留意が必要ですし、著作権者も入試問題に利用されたといって学校を訴えることのないようにして頂きたいものです。しかし過去問題集などはこの例外には当てはまらないので、許諾が必要であり、そのことが問題となったのが、例の赤本事件です。
 「著作権侵害」として問題となっている事例はさておき、それでは実際に許諾というのはどうやって取ればいいのでしょうか。もちろん著者当人に確認を取るというのが原則です。そうはいってもどうやってご連絡したらよいのか・・・。文芸の著作物であれば、「文芸家協会」(http://www.bungeika.or.jp/procedur.htm)に管理委託している作家の一覧がありますから、委託作家であれば文芸家協会のフォームに乗っ取って申請をするだけで問題ありません(ここも応諾義務があります。但しここは部分委託という場合があるので、委託状況の確認が重要となります)。管理委託していない場合は、当該著作物の出版社に問い合わせてみるしかありません。けれども出版社は版型(単行本、文庫本など)を決めて出版する権利を著者と契約しているだけですから、「問題集に掲載する」というような利用の仕方(二次利用といいます)については出版社に原則権利がありません。出版社と著者が出版以外の二次利用について「業務委託契約」を結んでいれば、出版社が窓口となって著者との中継ぎをしてくれます。もっとも先述のとおり出版は版型毎の契約なので、手元のA出版社の単行本に掲載されている作品を利用したいと思っても、権利自体は文庫を出しているB社にあるかもしれないということがあります。良識ある出版社なら今どの会社が権利を管理しているか教えてくれますが・・・。
 自分が回答してきた問題が実はこんな背景で問題集となっていることや、大手予備校の講習会テキスト掲載の文章がいちいち許諾を取っているなんてことを考えてみると、別の意味で面白い問題が見つかるかもしれません。
 
(E)
posted by 著作権教育フォーラム at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム