2006年12月10日

JASRACシンポジウムに行って参りました

 先日JASRAC主催のシンポジウム「JASRACシンポジウム2006 知的財産権の本質と今日における課題 〜創造のサイクルと著作権の役割・その原点に立って考える〜」に行って参りました。基調講演は[テーマ:著作権制度における今日的課題] と題して、吉田大輔氏 (文化庁長官官房審議官)が、特別講演は知的財産権の本質と著作権の特質〜著作者人格権・保護期間・私的複製〜と題して、松田政行先生がそれぞれ行われました。この講演だけでも参加するに十分な内容ですが、さらに、パネルディスカッション「知的財産権の本質と今日における課題〜創造のサイクルと著作権の役割・その原点に立って考える〜」が、コーディネーター大渕哲也先生で椎名和夫氏(実演家著作隣接権センター運営委員)、末吉亙氏(弁護士)、津田大介 氏(IT・音楽ジャーナリスト) 三田誠広氏(作家、日本文藝家協会副理事長、著作権問題を考える創作者団体協議会議長)、宮武久佳氏(社団法人共同通信社メディア局編集部担当部長)という面々をパネリストにお迎えして行われました。

 先ず文化庁吉田氏からは、今般の著作権法改正についてのお話と、今後議論に上るであろう問題について解説がありました。今臨時国会に提出されたIPマルチキャスト放送による放送の同時再送信に関する権利制限、権利付与、権利制限規定の見直し、追加、新たに輸出行為を侵害行為と看做す、権利侵害に対する罰則の強化等については、既にいろいろなところで解説されているとおりと思います。特にIPマルチキャスト放送同時再送信についてはIP放送事業者のみならず既存のCATV局にとっても非常に関心のあるところであるところでしょう。先般参加しましたCATVショーでも今度の展開について詳細な解説を含む招待講演があり、大変参考になりました。なお、本議題は12月5日に衆議院本会議を通過しております。

 今後の課題としては6点挙げられました。
 まず、私的録音録画補償金制度の見直し、一時新聞でも取り上げられた権利侵害物からの私的複製権利制限の見直しや、DL販売により二重課金される場合についての権利者に対する補償措置の必要性について検討中であるという私的複製に絡むお話がありました。次に保護期間延長にかかる検討ですが、これも「世界標準」の死後70年等延長の向きもあるが、幅広い議論が必要であり、かつ著作物の円滑利用のための仕組み等情報アクセスの保障が必要であろうということでした。さらに、IPマルチキャスト放送による「自主放送」に関する法的枠組みの検討(つまり著作隣接権者か否かということ)、WIPO放送新条約の検討について、(今年の9月〜10月にかけてのWIPO一般総会の概要はコピライト12月号に記載されていますが、07年11月に本件についての外交会議の設定が承認されております)、そして契約ルールの検討と集中管理システムというものについても検討する必要があるとのことでした。
 これらは現状の討論の延長線上の問題であろうと思いますが、新しい課題として、ネットでの海賊版商品販売の広告規制や、親告罪の見直し、検索サービス過程における著作権法上の問題(グーグルに代表されるような・・・)などについても言及されました。
 ここでは詳しい内容に触れませんが、シンポジウム、パネルディスカッションについては、下記に記事がありますので、参考になるかと思います。
 http://internet.watch.impress.co.jp/cda/event/2006/11/29/14070.html 
 http://internet.watch.impress.co.jp/cda/event/2006/11/29/14075.html 

 CATVやIPマルチキャスト放送等は一見なじみのないようにも思われるでしょうが、CATV加入家庭数をみれば、多くのおうちがCATV経由で番組を試聴しているのですし、ワンセグ等実は身近なサービスを支えている部分の法律であったりします。
 技術の発展や利用形態の多様化で、著作権法は以前にも増して法改正の過渡期ではないかと思います。音楽配信を楽しんでいるのであればDLの度に使用料を払っているのに、実は機器にも補償金が上乗せされていることは、果たして権利者「保護」なのか、利用者は何も言わないので「搾取」されるのか、個人使用と認められない場合にどうすれば許諾がとれるのか、許諾システムの不備は棚上げにされていないか等、テレビを見るとか、音楽を聴くとかいった日常のちょっとした行為を「著作権」という視点でみてみるとおもしろいかも知れません。

(E)

posted by 著作権教育フォーラム at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム