2006年11月28日

「禁止事項の学習から、利用方法の学習への転換」(その3.これからの著作権教育のために)

 04年からの調査、イベントの開催等を通じて、今後の著作権教育について私が強く感じることは、著作権侵害、肖像権侵害といった、禁止事項を羅列することを中心とした指導では、結局は著作物の借用を避けるばかりで、著作権の本質の理解には到らないということです。最近は著作権侵害という違法行為についての報道だけでなく、権利保護期間の延長など、著作権に関する様々なニュースが報道され、それによって教育界はもちろん、一般的にも著作権についての関心が高まっていますし、権利処理についても高い関心がもたれています。
 今年のイベントで記録映像を撮影いただいたビデオサークルの皆さんからも、 様々な具体的事例について質問をいただきました。自分たちで撮影したビデオにBGMを付け編集するということは一般家庭においても珍しくありません。旅行や子どもの運動会の様子をDVDに編集して…というようなことは普通に行われていると思います。その中で私的利用の範囲を超えるような利用法も増えているおそれがあります。この様な現状では、適法に著作物を利用する方法ということをもっと啓蒙していくことがますます重要になってくると思います。そしてその内容は具体的かつ実践的な知識でなければならいでしょう。このような社会的な必要性に応じるためにも、まず、学校現場においても、「著作権」についてはできれば避けて通りたいという否定的な感情を、根本的に改めなければならない時期に来ていると思います。大切なことは許諾実務を習得するということではなく、なぜ許諾がいるのかという著作権法の基本概念の習得です。学校では無断で利用できたのに、同じことをお友達同士でやってはいけないのは何故かということ、「こうすると侵害になる」ではなく、「こうすれば使える」ということから学習することが重要です。
 誰もが簡単に著作者になれ、情報を発信できるようになったからこそ、著作権について大きく取り上げられるようになり、学校でも教えられるようになったのですから、次は適法に情報の発信をする方法を教えることを提案します。そして、権利者も利用者の無断使用だけを糾弾するのではなく、適法利用を促すにはどうしたらいいか、逮捕、裁判というネガティブキャンペーンではなく、使いやすい仕組みについて提供する時期ではないのでしょうか。権利者へこの様な提言のためには、まず利用者が現状の許諾システムがわかりにくいとことや、使用料が必ずしもリーズナブルであると言えないということを、きちんと発信していくことが必要だと思います。特に学校教育においての著作物利用の重要性についてまず発信すること、その上で、本当に学校での著作物利用が権利者の利益を不当に害するのだと権利者利用者双方が納得できれば、合理的な「使用料」についての交渉を行う、この様なステップを踏めるような土台を作ることが大切ではないでしょうか。
 2年続けて行いました「実践!著作権」ワークショップでは、参加生徒自身が権利処理について学び、06年については参加生徒が直接権利者と交渉し、権利処理をする体験を積みました。そして、著作物の積極的利用を前提とした著作権教育は著作権に対する正しい理解に有効であり、広めていくべきだという感想を抱いています。さらに06年では05年での分析を元にこうした知識の習得を教師が行うことは可能であろうと考え、教師に権利処理実務を習得させる事を試みました。そして教師の感想も生徒同様、この様な取り組みを進めていくべきであるというものでした。
 私どもの取り組み以外でも、「著作権を体験させる」ということを実践しておられる先生方が増えています。今後は著作物の禁止事項の学習ではなく、利用のためにどうすればよいかということを中心にした教育が大切であると思います。

 著作権フェアでおこなったパネルディスカッションでは、権利者側からも、「学校教育現場にもっと使いやすい著作権の仕組みを提供しなければいけない」という意見が出さましたが、同時に「利用者もまとまらなければならない」ということを指摘されました。利用者の新しい流れに柔軟に対応する必要性を権利者が意識し始めているということが伺える発言であったと思います。しかし権利者の代表である権利者団体がどれほど良い仕組みを考えたとしても、利用者の代表がそれを評価しなければ、いつまでもお仕着せという感はぬぐえず、利用者の不満は不当な不満であったとしても解消されないでしょう。すべての利用者がまとまることは難しいかもしれませんが、先ずは著作物の利用が最も多く、最も必要である教育界が、まずはまとまった提言を出すことが重要ではないでしょうか。
 学校教育現場から著作権、権利処理について実践的な声を上げていくことを、私は強く提言していきたいと思っています。そして権利者団体との連携を教育現場自ら図る努力が必要であると常に考えています。

(E)

posted by 著作権教育フォーラム at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム