2012年03月26日

都高等学校情報教育研究会にて講演いたします

またしても直前のご連絡ではございますが、3月27日都高等学校情報教育研究会におきまして、これからの著作権についてお話しを致します。
大上段に「著作権3.0」と題してソーシャルネットワークと著作権のあり方について考えてみたいと思います。
内容については主催者の承諾を頂いて後、こちらに記載したいと思っております。

また、24年度は4月より「少年写真新聞社」の「給食ニュース」に連載を致します。機会がありましたらご一読下さい。
posted by 著作権教育フォーラム at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2011年12月31日

新年を前に

2010年5月から全く更新をしておりませんで、大変失礼いたしました。この間は私事で恐縮ですが、入院したり、新しい仕事で奔走したり、出産したりと著作権教育とは離れたところで忙しい日々を過ごしておりました。またこの間に著作権に対する考え方や教育などバリエーションも増え、発信することは適いませんでしたが、私なりに勉強いたしておりました。
色々が一段落しそうな来年は、もう少しブログの更新をしていきたいと思います。
来年は少年写真新聞社さんの掲示用写真ニュースで1年間御世話になる予定です。また、3月には震災で延期となりました東京都高等学校情報教育研究会にて講演を指せていただく予定です。
年末の押し迫った時期に漸くではありますが、ご報告申し上げます。
皆様にも良いお年をお迎え下さい。
posted by 著作権教育フォーラム at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2010年05月21日

「第48回ICTE情報教育セミナー in 早稲田」でワークショップを行います

直前の告知になってしまい、恐縮ですが、ICTE情報教育セミナーにて
「著作権「保護」はわかるけど「活用」は?―歴史的背景から知的財産を考える―」
と題したワークショップの講師を致します。

先般改訂されました「新学習指導要領解説 情報編」には、著作権の指導について次のように記載されています。
「著作権制度に関わる法律については,生徒自身に調べさせる学習活動を取り入れるなどして,制定に至る歴史的経緯,権利を保護しつつ著作物を活用するという法の目的を理解させる。」

この「制定に至る歴史的経緯」とはいったい何を差しているのか。生徒に何を教える事を意図しているのか。
このことについて、具体的にお話を致します。
併せて、「生徒自身に調べさせる学習」の一例として、いくつかの有名な判例や調べると面白いキーワードなどをご紹介したいと思っています。
また、後半では「権利を保護しつつ著作物を活用するという法の目的を理解させる」様な、授業案の作成を企画しています。
120分のセッションではなかなか言い尽くせない事もあると思いますが、がんばりたいと思います。



posted by 著作権教育フォーラム at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2010年01月10日

「良いものが創れるという環境にあること」

わたし達が行った「実戦!著作権」ワークショップで、映像表現を担当してくださった先生が、こんな風に仰いました。
「良いものが創れるという環境に既にある、と言うことに感謝して、良い作品を創る努力をしてください」
感謝する心を忘れない、他者の著作物を利用する、他者に表現方法を学ぶ・・・、その中で自分の表現したいことを形にするのだ、自分の作品は自分だけではなく、他者の、先人の文化の上にあるのだと言うことを忘れないで欲しい、そういう思いからの発言でした。

わたしは今、仕事でドキュメンタリー番組の再放送権利処理を行っています。最初の放送はどれも、10年程前のものです。それらを再び、改めて視聴できるようにするために、一つ一つ権利をひもといていく仕事です。
当時の関係者、出演者に再び連絡をし、許諾を取る・・・。亡くなってしまった方も、行方不明の方もいました。ある時、関係者のお一人から、
「再放送が、再び”そのこと”を考えるきっかけとなればと思う」
と言うような趣旨のコメントを頂きました。

良い作品の定義は様々にあると思います。けれど、相手の感動を誘い、「何か」を考えさせるきっかけとなることは、良い作品に不可欠なのだろうと思います。そして、それは時が経とうとも、変わらないのではないかと思います。

そうして人々の心に残る作品に触れる度に、著作権法の目的なんかをふっと思い出すのです。
そして、「良い物が創れるという環境に既にあること」、この言葉が、冒頭の思いだけでなく、実はとても深い意味を持っているのだと、気付かされます。

法務ではなく、久しぶりに現場に戻ると、様々なことに遭遇します。その度に、権利処理って「面白い」と思います。権利処理の先にあるもの、このすばらしさをお伝えできるように、研鑽を積んでいきたいと思っています。

(え)
posted by 著作権教育フォーラム at 00:02| Comment(1) | TrackBack(0) | コラム

2010年01月06日

2010年も宜しくお願いいたします

あけましておめでとうございます。今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

・・・と、かいてみたものの、昨年は年頭のご挨拶以外一度も更新しておらず、まずは深い反省と共に、今年は、今年こそは定期的な更新を致したいと思います。

新年最初の(しかも三が日も過ぎた後ですが)更新で、些か言い訳めいておりますが、昨年のことを少々申し上げたいと思います。
昨年の2月に、実はそれまで勤めていた会社を退職し、同月に権利処理を専門とする会社を興しました。
社名は 合同会社コピライトクリアランス&コンサルティング。
「何をしている会社なのか、社名を見たら解るように」と思ったら、こんなに長くなってしまいました。通称はC3(シースリー)です。頭文字を取ってCCCとすると、大手グループのようですし、アメリカの権利団体のようでもありますし、C3(シーキューブ)とすると、ケーキ屋さんと間違えそうですので・・・。
権利処理を専門、と申しましたが、私どもが以前から構想しておりました「権利処理機構」の具体化のような事を行っております。
C3は「権利者団体」ではありません。利用者の立場から「権利者団体」及び「権利者」に対して、利用者に代わって著作物の利用の交渉と許諾を受け持つ、ということを行っています。
唯今は、放送局の放送権利処理と、イベントに使用する楽曲や映像の処理を行っております。
放送の場合は、権利者団体とは包括契約がありますから、決められた手続きに従い、書類を作成すればいいのですが、個人や海外とのやりとりはそうはいきません。
また、過去の映像を利用して番組を制作するチームの相談もおこなっていますから、番組制作のディレクターさんと、「この素材使いたいんです」とか「何とかなりませんか」とか、相手は大人だけれど、ワークショップの時を彷彿とさせるやりとりが、日常になっています。許諾が降りたときの感動も、ディスカウント交渉が成功したときの嬉しさも、あの時と変わりません。そして、権利者から丁寧なお手紙を拝受することも・・・。
ワークショップと違うのは、当たり前ですが、「例外」規定がないと言うことですし、「根回し」も「教育的配慮」も無いことです。けれど、それ以外はやはり、何も代わらない。もう前のことになってしまったけれど、ワークショップでやった小さな事は、そのままビジネスの世界でも十分に通用する。このことを改めて思い直した1年でした。
そして、「権利処理」を形にするのに必死だった1年でした。

その間、教育と著作権の活動につきましては
ICT Education No 41(09/06/20刊)
学校コンピュータ「ソフトウェアの著作権」(09/09/08号) 
日本教育新聞(09/11/03刊) 
のインタビュー等、お受けしておりました。
また、昨年はこれまで継続してゲストスピーカーとしてお招きいただいておりました、筑波大学大学院、東京都市大学に加えて、早稲田大学でもお話しを致しました。大学生ともなると、当然に知識も豊富ですし、技術力もありますから、「私的利用」のために、色々なことを試みるようになります。当然ブラックな行為も、グレイな行為も・・・。ですので、高等教育においてお話しするときは、「法律」や「権利・義務」という話だけではなく、「考える」ことの大切さ、つまり「交渉」の意味を理解して貰えるように心がけています。
お話しした後で、皆さんが講義の感想を寄せてくださいます。その中には、とても鋭いものがあります。
少しずつご紹介して、彼らが疑問に思ったことを、深く考えてみたいと思っております。

C3は小さいながら私企業です。従いまして、営利に関わるような権利処理については、こちらでご相談を受けております。
教育目的の権利処理については、引き続き NPO著作権教育フォーラムでお受けしております。

双方併せて、本年も宜しくお願いいたします。

(え)
posted by 著作権教育フォーラム at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2009年01月02日

あけましておめでとうございます

昨年は、殆どブログの更新が出来ず、大変失礼いたしました。
活動としては、日本教育新聞社への連載を主に、学校への講演等を行っておりました。個人的には、一昨年まで続けていたワークショップが一区切りしましたので、充電と、わたし自身の勉強の年と致しておりました。だからといって、ブログの更新を怠っていた事への言い訳にはなりませんが・・・。

今年はかかえている仕事も一段落する予定ですので、また、活発に活動していきたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

(E)
posted by 著作権教育フォーラム at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2008年08月30日

「教育の中の著作権を考える」 その2.視座の転換のために(1)

  著作権教育を改めて、基本的なところから考え直そうと思います。これまで、著作権について解説してあるものは、禁止する立場からの解説が多かったと思います。この視点を逆転することを考えてみたいと思います。「〜したらだめ」というのではなく「〜するためにどうするか」という視点への転換です。その上で、「著作権教育の必要性」ということを改めて考えてみたいと思います。そのために先ず、3つの視点を考えます。一つは、「著作者としての視点」、二つ目は、「特別なものではないという視点」、そして3つ目は「教員が学ぶ」という視点です。連載では、逆の順番で紹介しています。なぜなら、『教員が学ぶ』ということが、最も大切だと思っているからです。けれど、このブログでは、あえて、さかさまから考えてみようと思います。どうして、教員が学ぶ必要があるのかということを、じっくりと考えてほしいのです。


1.創作活動を通して著作者側として、著作権を考える〜利用者の視点から、権利者の視点へ

 第1回目では、「著作権教育導入のポイント」について、ご紹介しました。最近は随分と指導方法も変わってきましたが、それでも、著作権や、著作物利用については、「〜すると違反」という視点からの解説が多いように思います。どうも、著作権法には、アレもダメ、コレもダメ、と、してはいけないことばかり書いているような印象をも立たれているように感じます。
 けれど、決してそうではありません。文化の発展のために、著作物の正しい利用をしていこうということこそがその中心の理念です。著作権法のあちこちに、著作者の許諾を得れば利用できるという記述があることを見逃してはいけません。
 著作権法は、著作者の権利について、取り決めた法律ですから、「著作(権)者は〜する権利を(占)有する」という書き方になります。つまり、著作権は自分の創ったもの(著作物)を勝手に利用されないことを保障する権利です。だから、著作物が利用できるかどうかは、第一義的には著作者が決定することになります。
これを、利用者からみれば、利用に当っては、著作者の占有する権利に対して、許諾を得る必要があることになるのです。つまり、許諾がなく「〜すると違反」になるわけです。無断利用を防ぐには、こんな利用法は違法ですよ、NGですよ、と具体例を挙げるのが、手っ取り早く分かりやすいのですが、はじめにそのようにして、著作権について説明されるようになってしまったため、著作権は、作品(著作物)利用を妨げる悪者に思われてしまいました。
先ずは、著作権は利用を妨げているというイメージを払拭することが、大切ではないかと思います。

 ここで、ちょっと考えてみてください。よく、「学校では沢山の著作物を利用している」といわれますが、学校は、著作物を利用する一方でしょうか。確かに、テストや配布物への転用などの利用者としての立場は沢山在ります。けれど、学校新聞などの各種お便り、学校ホームページなど、先生や生徒が作成した記事や作品、写真など、学校関係者が作成する著作物もたくさんあるのです。学校で作成された著作物を、学校が情報発信者となり、取り扱う機会は、増加しています。
いつも利用者なのではなく、普段から、著作者として活動してるという点を、意識すると良いのではないでしょうか。
例えば、こういう例を想定してみましょう
いつもは、「学校のホームページに写真を載せさせて欲しい」というお願いをしているかも知れません。そんなとき、皆さんは、利用したい写真や文章を掲載している新聞の新聞社や出版社に連絡すると思います。記事を書いた人の名前があっても、作家の名前が分かっていても、その人の連絡先は分からないから、最初は発行社にあたると思います。
出版社や、新聞社が、著作物利用の依頼を受けた場合は、最初の窓口として、その依頼を受領し、そして出版社から、作家に確認してもらうことになります。出版社だって、紙以外の媒体、例えば、小説をネット配信する場合は、改めて、作家に許諾を取るのです。それは、「小説という著作物」の別の利用法だからなのです。

これの逆を考えてください。
学校のホームページに載せた写真を利用したい、修学旅行の記事を地域コミュニティ新聞に掲載したいという申し出があったとします。その時、先生は、学校はどう対応したらいいでしょうか。
学校に連絡が入ったとしても、相手が使いたい写真や記事は、先生や生徒が創作したものです。転載の旨を、先生や生徒(創作者=著作者)に確認すると思います。
学校のホームページだって、管理しているのは学校かもしれませんが、そこに生徒の作文や、文化祭の様子の映像を載せれば、それぞれの著作権は、作文を書いた生徒に、映像を撮影した放送部に在ることになるのです。
学校の名前で、ホームページが管理されているのであれば、最初の窓口は学校になります。情報発信者が最初の窓口になるということを、忘れないでください。
学校全体で、著作権の知識を持つということは、単に利用者という立場だけでなく、窓口者/権利者という立場からも必要なのです。

(続きます)

(え)
posted by 著作権教育フォーラム at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム

2008年07月22日

「教育の中の著作権を考える」

長らく、更新が滞っており、失礼いたしました。
 さて、日本教育新聞にて、「教育の中の著作権を考える」と題しまして、3回の連載を頂きました。第1回目は7月14日付けでしたので、ご覧になった方もおいでかと思います。
 日本教育新聞では、これまでも、様々な著作権教育の実践例や取り組みについての記事を掲載しておりましたが、「なぜ著作権教育が必要なのか」ということに立ち戻って、考えてみようということで、今回のお話を頂戴いたしました。
 私どもが常に意識しているのは、「著作権教育は、著作権法教育ではない」ということです。学校教育における「著作権教育」というのは、法律(著作権法)の文言や、法律の解釈をすることではなく、著作権がなぜ大切なのか、ということを理解する教育であると考えています。法を守って著作物を利用することを学ぶだけではなく、創作活動を通じて、自らが権利者にもなることを知り、権利者の立場、利用者の立場双方から著作権とはどういうものかを考えるきっかけを与えることが、まずは最初のステップであると考えています。
 創作活動によって、自分自身が「著作者」になることで、本に書いてある知識が、単なる利用のための知識としてではなく、自分自身の気持ちとして、体験として実感することで、法の精神を理解し、創作の大切さ、必要性を教えること、これが「著作権教育」の真髄なのだと、思っています。
 では、どのようにして実践していけばいいのでしょうか?先日の第1回目の「教育の中の著作権」では、「著作権教育導入のポイント」について述べました。第2回目(10月予定)ではそれを踏まえて「事業での実践例」を、第3回目(2月予定)では、「授業以外での実践例」をご紹介する予定ですので、是非ご覧になってください。
 本ブログでは、連載に書ききれなかったことなどを、補足的にご紹介していきたいと思います。
posted by 著作権教育フォーラム at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム

2008年06月07日

『スタディ・スキル入門――大学でしっかりと学ぶために』 (有斐閣ブックス) が、発刊されました。

先日、有斐閣より、「スタディ・スキル入門−大学でしっかりと学ぶために」
が、発刊されました。
これは、兵庫県立大学で、学部・大学院共、全学で使用するテキストです。「何を学ぶのか、何を研究するのか」に始まり、最終的に自分の意見を論文やレポートにまとめるために、どのようにすればよいか、ということを丁寧に記述したものです。
教科書ですから、真面目な書籍ですが、大学生と言わず、社会人にも一読していただきたい内容です。
さて、この中で、わたしは、「第6章 レポートの作成」という章の中の「オリジナリティとは」という節を担当いたしました。
学校の課題を、何故コピー&ペーストしたレポートで済ませてはいけないのか。いや、倫理的なところを質せば、分かるはずではあるのですが、そこをふまえつつ、オリジナリティを大切にする、と言う視点から、著作権について、解説いたしました。自分の創造した部分と、他人の創造した部分を混同しないこと、他人の意見を自分のもののようになりすまさないこと、これが著作権の基本です。この本は、著作権(法)についての解説の本ではなく、あくまで「学習のための技術、技法」を習得するための本ですから、学習のアウトプットのために、気をつけなければいけない一つとして、著作権を取り上げています。
著作権については社会全体の意識の向上(行きすぎた権利保護も含めて)により、侵害行為には非常に厳しい視線が向けられています。
「学校だから良いと思った」という言い訳は当然に通用しませんが、報道される著作権侵害のニュースを見ても、学生(児童生徒含む)はどうも、その意識があるようです。何とはなれば教員もですが・・・。
レポートは「著作物」です。レポート作成のために参考にした文献も、著作物です。まずそこに気がつくこと、コピー&ペーストでないレポートを作成するために自分がどれほど苦労したか、創意工夫した表現、創造がどれほど大変だったかということを、自分の中で、改めて考えて欲しいと思い、「オリジナリティ」という視点から解説いたしました。そしてそれこそが著作権法が守らんとしているところであり、文化の発展への第一歩だと思うからです。
全くのオリジナルな創造物など、ほとんど無いでしょう。皆、先人の智慧の下に広がっているのです。先人の文化をふまえつつ新たな創造となるのが、オリジナルという考えであり、それが著作権として保護されている、そんな風に自分の創作行為(それはポート製作でも良い)から著作権を考えるきっかけになればと思っています。
皆さんも「オリジナリティ」という視点から、著作権について、考えて頂ければと思います。

天野明弘・太田勲・野津隆志/編
『スタディ・スキル入門――大学でしっかりと学ぶために』 (有斐閣ブックス)
A5判並製カバー付,256頁,定価 2000 円(税込 2100 円)
ISBNコード 978-4-641-18366-7
2008年6月刊

posted by 著作権教育フォーラム at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物紹介

2008年05月18日

「知的財産推進計画2007」の見直しに関する意見募集に対する意見

 なかなか更新が、滞っておりまして、大変失礼いたしました。
 さて、本年度も、知的財産戦略本部が行った「知的財産推進計画2007」の見直しに関する意見募集に対して次のような意見を行いました。
 遅ればせながら、ご報告したいと思います。
続きを読む
posted by 著作権教育フォーラム at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 提言